狛江市にある手技治療と鍼灸を組み合わせた治療院。むさし多摩川鍼灸院は、鍼治療に不安がある方でも安心して通えます。

むさし多摩川鍼灸院


腰痛

腰痛といいましてもいろいろな原因があります。
まず、腰といわれる部分の構成を見ていきましょう。
①腰椎
5つの骨が関節(赤丸)によって連結しています。
②椎間板
腰椎の間の青色の部分が椎間板といいクッションの役割を果たしています。
腰椎 椎骨2.jpg
③靭帯
関節部分で連結している骨を安定させたり関節が動き過ぎないように
制限する為のバンドのようなものです。
腰椎 靭帯2.png
④筋肉
関節部分で連結されている骨を安定させたり骨を関節部分で動かします。
腰の動きに関係する筋肉は沢山ありますが、代表的な筋肉を3つ挙げます。
腰方形筋2.jpg
腰方形筋(ようほうけいきん)

多列筋2.jpg
多列筋(たれつきん)

脊柱起立筋2.jpg
脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)

これらの腰を構成する骨・椎間板・靭帯・筋肉が損傷されて、
そこに炎症が起こると痛みが発生します。

①骨に関係する痛みは、圧迫骨折や分離症
②椎間板に関する痛みは、椎間板ヘルニア
③靭帯に関係する痛みは棘間靭帯・棘上靭帯の損傷
④筋肉に関する痛みは筋・筋膜性腰痛
などに分類されます。

当院では、腰痛でいらっしゃった患者様に対して
  • どのあたりに痛みがあるか
  • いつから痛みがあるか
  • どんな動作・姿勢の時に痛みが強くなるか
  • 夜中に寝ている状態や一番楽な姿勢の時に激しい痛みがないか
といったことを問診で確認します。
その後検査や触診(手で痛みのでている場所を確認)で痛みの原因を判断し
患者様に痛みの原因と治療方針を説明した上で治療致します。

問診から治療の流れの中で注意しなければいけないことは
  • 夜中に寝ている状態や一番楽な姿勢になっても激しい痛みがある時。⇒内臓性腰痛といい、このような時は腎臓結石・尿路結石・胆石・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・腹部大動脈解離・閉塞性動脈硬化症・子宮筋腫・卵巣嚢腫などの可能性も考えなければいけません。内臓性腰痛の可能性がある時は病院を受診して頂きます。
  • 検査で腰部を軽く叩いただけで激しい痛みがある時。⇒圧迫骨折の可能性があります。神経症状がなければ圧迫骨折は安静にして骨が固まるのを待つケースが多いです。鍼灸では圧迫骨折の可能性がある部分を治療することで、痛みを和らげると同時に骨が固まるのを促進させます。マッサージは禁忌です。念のため、整形外科でレントゲンをとることをお勧めすることもございます。また、痛みが強い場合、神経症状がある場合は病院を受診して頂きます。
  • 急性椎間板ヘルニア⇒直後は鍼灸治療だけでは痛みがとれないことがあります。そのような時は、痛み止めを併用して鍼灸治療をすることをお勧め致します。
私は、レントゲンをむやみにとり過ぎたり、痛みどめを常用することはお勧めしませんが、時には西洋医学の利点、東洋医学の利点を生かして治療することも必要と考えております。

「はりやお灸が初めての方でも安心」のむさし多摩川鍼灸院

むさし多摩川鍼灸院のご案内

住      所:
〒201-0014 東京都狛江市東和泉3-14 パークハイム狛江1-103
(パークハイム狛江 1号棟テナント)
株式会社S-Line

アクセス:
小田急線 和泉多摩川駅から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
0120-898-634
受付時間:
月~土  10:00~20:00(電話受付9:30)
火のみ  13:00~20:00(電話受付12:30)
日・祝日 10:00~18:00(電話受付9:30)

※営業のご連絡はメールでお願いいたします。



定休日:
木曜定休
※臨時休業を頂くこともございます。
お手数ですが予めHPの「お知らせ」をご覧頂くか、お電話にてお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ


むさし多摩川鍼灸院の口コミをもっと見る

ページ上部へ