狛江市にある手技治療と鍼灸を組み合わせた治療院。むさし多摩川鍼灸院は、鍼治療に不安がある方でも安心して通えます。

むさし多摩川鍼灸院


膝の痛み(変形性膝関節症)

  • 動き始めに膝が痛い。
  • 階段の昇り降りで膝が痛い。
  • 膝が痛くて正座ができない。
  • 膝に水が溜まって何度も膝の水を抜いている。
このような症状のある方は変形性膝関節症の可能性があります。

膝の関節はこのようなつくりになっております。(右膝)

膝関節.jpg①の大腿骨と③の脛骨からなる大腿脛骨関節と
①の大腿骨と②の膝蓋骨からなる膝蓋大腿関節という2つの関節があります。

大腿骨と脛骨の先端には軟骨があり、また大腿骨と脛骨の間には半月板とういクッションの役割をするものがあります。
膝の関節は軟骨と半月板によって保護されております。







次に膝の関節を動かす主要な筋肉です。
四頭筋.png大腿四頭筋といい膝を伸ばす際に使う筋肉です。この筋肉は衰えやすいのでしっかり鍛えておかないと、膝を伸ばす筋肉ですので、だんだん膝腰が曲がった姿勢になってしまいます。









ハムスト.jpg①が大腿二頭筋②が半膜様筋と半腱様筋です。
これらは膝を曲げる筋肉です。
大腿二頭筋と半膜様筋、半腱様筋をまとめてハムストリングス(ハムスト)とよく言います。










腓腹筋.jpg腓腹筋です。この筋肉も膝を曲げる時に使う筋肉です。











膝は歩いたり走ったり、体重を支える時などに負担が大きくかかる場所です。
使っている内にだんだんと軟骨や半月板がすり減り、骨と骨が直接ぶつかるようになり
膝関節に変形が起こります。
しかし、これだけが痛みの原因ではありません。

膝の変形が起こることで、膝が今までのようなスムーズな動きをすることが
できなくなります。

膝を曲げ伸ばしする筋肉に負担がかかります。

負担のかかった筋肉が硬くなり、ますます関節の動きが悪くなる。

こういった悪循環を繰り返して関節に負担がかかり炎症を起こし
変形性膝関節症としての痛みがでます。

変形性膝関節症の治療は、鍼で膝関節の炎症をとると同時に
負担がかかって硬くなった筋肉(膝を曲げる筋肉と伸ばす筋肉)を緩めていきます。
それにより徐々に関節の負担が減り、痛みがとれていくようになります。

膝の変形度合、痛みがでてどのくらいの日数が経っているか
によって完全に痛みがとりきれない場合もありますが
ほとんどの場合は日常生活に支障がない程度まで痛みがとれております。
年だから、骨が変形しているからと諦めず是非当院までご相談下さい。
諦めていた旅行や習い事などがまた楽しめるように治療致します。

膝にはその他に側副靭帯・十字靭帯の損傷、鵞足炎、腸脛靭帯炎
化膿性膝関節炎、リウマチなどによる痛みがあります。
それぞれ治療方法も異なります。また鍼灸では対応できない症状もあります。

当院は問診・検査で原因をしっかりと判断した上で治療致しますので、安心してご来院下さい。

「はりやお灸がはじめての方でも安心」のむさし多摩川鍼灸院





むさし多摩川鍼灸院のご案内

住      所:
〒201-0014 東京都狛江市東和泉3-14 パークハイム狛江1-103
(パークハイム狛江 1号棟テナント)
株式会社S-Line

アクセス:
小田急線 和泉多摩川駅から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
0120-898-634
受付時間:
月~土  10:00~20:00(電話受付9:30)
火のみ  13:00~20:00(電話受付12:30)
日・祝日 10:00~18:00(電話受付9:30)

※営業のご連絡はメールでお願いいたします。



定休日:
木曜定休
※臨時休業を頂くこともございます。
お手数ですが予めHPの「お知らせ」をご覧頂くか、お電話にてお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ


むさし多摩川鍼灸院の口コミをもっと見る

ページ上部へ