狛江市にある手技治療と鍼灸を組み合わせた治療院。むさし多摩川鍼灸院は、鍼治療に不安がある方でも安心して通えます。

むさし多摩川鍼灸院


頭痛

  • 頭が締め付けられるように痛い。
  • 片側(両側)のこめかみがズッキンズッキンと痛む。
  • 片側の目の奥が痛む。
  • 夕方になると頭が痛くなる。
  • 肩こりがひどくなると頭が痛くなる。
  • 頭痛薬が手放せない。

このようなことありませんか?

鍼灸治療で対応できる頭痛には3種類あります。

①緊張型頭痛(頭痛では最も多い)
症状:頭が締め付けられるように痛い。
原因:頚肩の筋肉の緊張。

②片頭痛(女性に多い)
症状:片側(両側)のこめかみがズッキンズッキンと痛む。吐き気を伴うことがある。
原因:頭の血管が拡張し、神経が刺激される。
エストロゲン(女性ホルモン)の分泌の変動。

③群発頭痛(男性に多い)
症状:片側の目の奥が激しく痛む。目が充血。涙、鼻水が出る。
原因:目の奥にある血管が拡張し、神経を刺激することでおこる。

鍼灸やマッサージでは、
①緊張型頭痛
頚や肩の筋肉のコリをとることで頭部の血液の循環を改善させます。

②片頭痛③群発頭痛
血管の拡張は自律神経の働きによるものです。
頸部の筋肉のコリをとることで自律神経の働きを調整し、過度な血管の拡張を抑えます。

今までの治療経験から
慢性頭痛の方は①頭板状筋とうばんじょうきん)や②斜角筋(しゃかくきん)のコリが特徴的です。
頭板状筋.jpg   斜角筋.png

もちろん僧帽筋など他の筋肉にもコリがありますが
慢性頭痛の方は頭板状筋や斜角筋に独特のコリがあります。
これらの頭痛筋のコリをとることで頭痛は改善されます。
頭痛は治らないものではないし、薬を使いながら付き合っていくしかないものでもありません。
頭痛でお悩みの方は諦めず是非、当院にご相談下さい。

※鍼灸で対応できない頭痛
手足や口の周りの痺れ、ろれつが回らない、意識障害、どんどん悪化する頭痛、嘔吐やけいれん
高熱などを伴う場合はくも膜下出血、脳腫瘍、脳出血、髄膜炎等の可能性があります。
すぐに病院に行き、医師の診断を受けて下さい。

「はりやお灸がはじめての方でも安心」のむさし多摩川鍼灸院

むさし多摩川鍼灸院のご案内

住      所:
〒201-0014 東京都狛江市東和泉3-14 パークハイム狛江1-103
(パークハイム狛江 1号棟テナント)
株式会社S-Line

アクセス:
小田急線 和泉多摩川駅から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
0120-898-634
受付時間:
月~土  10:00~20:00(電話受付9:30)
火のみ  13:00~20:00(電話受付12:30)
日・祝日 10:00~18:00(電話受付9:30)

※営業のご連絡はメールでお願いいたします。



定休日:
木曜定休
※臨時休業を頂くこともございます。
お手数ですが予めHPの「お知らせ」をご覧頂くか、お電話にてお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ


むさし多摩川鍼灸院の口コミをもっと見る

ページ上部へ