狛江市にある手技治療と鍼灸を組み合わせた治療院。むさし多摩川鍼灸院は、鍼治療に不安がある方でも安心して通えます。

むさし多摩川鍼灸院


顔面神経麻痺

このような症状でお困りではありませんか?
  • 片目だけ閉じることがでいない
  • 片側の額に皺を寄せられない
  • 片側の眉毛、上まぶたが垂れ下がる
  • 飲み物を飲むと片側の口から水がこぼれる
  • 片側の口角がたれさがる
  • 片側の口や目の周り、額がつっぱったりこわばる

これらの症状は顔面神経麻痺でよくみられる症状です。

もともと肩や首のコリがひどい方が
強いストレスや寒冷刺激を受けた時に発症しやすいです。

顔面神経麻痺3.jpg

黄色の枝分かれしているものが顔面神経といい
顔の表情をつくる表情筋に指令をだして、筋肉を動かしています。
脳幹の顔面神経核からでた神経がの場所から体表に現れ
枝分かれしながら、顔の各表情筋に分布しています。

顔面神経麻痺の主な原因はの部分の筋肉の硬さです。
この部分の筋肉がストレスや寒冷刺激によって
硬さがさらに強くなり、顔面神経に影響を与えます。

顔面神経が脳からの指令を筋肉にスムーズに伝えられなることで
筋肉が動かなくなり、顔面神経麻痺となります。
①の筋肉が麻痺すると額に皺がつくれなくなります。
②の筋肉が麻痺すると目が閉じれなくなります。
③の筋肉が麻痺すると口角を上げられなくなります。

鍼灸での主な治療ポイントもの部分です。
の部分の筋肉の緊張をとり顔面神経への血流を促し
神経の機能を回復させます。
それに加えて麻痺をしている筋肉に鍼治療をして
筋肉への血流を促していきます。

顔の表情筋とは直接関係のない筋肉なのですが
の胸鎖乳突筋も顔面神経麻痺の治療では大事なポイントです。
この筋肉は三叉神経痛、突発性難聴、メニエール病の治療でも
治療する大事な筋肉です。

顔面神経麻痺は早めに治療をし
できるだけ早く神経への血液を確保して、回復させていくことが完治には必要です。
上記の症状でお悩みの方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。

〒201-0012
東京都狛江市東和泉3-14 パークハイム狛江1-103
和泉多摩川駅から徒歩2分
「はりが初めての方でも安心!!」のむさし多摩川鍼灸院



むさし多摩川鍼灸院のご案内

住      所:
〒201-0014 東京都狛江市東和泉3-14 パークハイム狛江1-103
(パークハイム狛江 1号棟テナント)
株式会社S-Line

アクセス:
小田急線 和泉多摩川駅から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
0120-898-634
受付時間:
月~土  10:00~20:00(電話受付9:30)
火のみ  13:00~20:00(電話受付12:30)
日・祝日 10:00~18:00(電話受付9:30)

※営業のご連絡はメールでお願いいたします。



定休日:
木曜定休
※臨時休業を頂くこともございます。
お手数ですが予めHPの「お知らせ」をご覧頂くか、お電話にてお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ


むさし多摩川鍼灸院の口コミをもっと見る

ページ上部へ