狛江市にある手技治療と鍼灸を組み合わせた治療院。むさし多摩川鍼灸院は、鍼治療に不安がある方でも安心して通えます。

むさし多摩川鍼灸院


腱鞘炎(ドケルバン病)について

このような症状はありませんか?

  • 親指を動かした時に親指の付け根や手首が痛む
  • 物を持ったり手に力をいれると親指の付け根や手首が痛む
  • 親指の付け根付近に鈍痛がある
  • 明け方に手首の痛みで目が覚める
このような症状がある方は腱鞘炎(ドケルバン病)の可能性があります。

腱鞘炎(ドケルバン病)はなぜ起こるのか

腱鞘炎(ドケルバン病)は親指を動かす短拇指伸筋(①)・長拇指外転筋(②)の使い過ぎで筋肉が硬くなり柔軟性がなくなってしまうことが原因でおこります。この2つの筋肉は前腕(肘から手首まで)の骨に付着して、そこから手首の方に向かって走行し手首付近で腱になって親指の骨に付着します。手首付近では腱が腱鞘(③)という組織の中を通過しています(ストローの中に糸を通しているイメージです)。
使い過ぎにより短拇指伸筋・長拇指外転筋の柔軟性がなくなると腱鞘と腱が擦れ合って炎症がおこり、腱鞘炎(ドケルバン病)となります。
伸筋2.png
右手の甲側(他の筋肉は取り除いています)

腱鞘3.png
短拇指伸筋・長拇指外転筋が腱となって親指の骨に付着する部分の画像
緑色の斜線部分が腱鞘があるところです。

下記のような方々におこりやすい症状です。
  • スポーツ・楽器の演奏・仕事で手をよく使う
  • 更年期の女性
  • 産後の女性
  • 糖尿病の方

腱鞘炎(ドケルバン病)は鍼灸で改善できる

鍼施術.jpg
検査と触診で関節炎・神経痛などとの鑑別を行い腱鞘炎と確定した上で、更に詳しく触診・親指の動きを観察し、短拇指伸筋・長拇指外転筋のどの個所の緊張が原因で症状を引き起こしているかを確認します。その原因となっている個所に鍼をうつことで短拇指伸筋・長拇指外転筋の緊張を緩めて腱鞘内での摩擦が減るようにしていきます。それと同時に腱鞘にお灸をし、炎症を取り除いていきます。

腱鞘炎(ドケルバン病)でお困りの方はお気軽にご相談ください。






むさし多摩川鍼灸院のご案内

住      所:
〒201-0014 東京都狛江市東和泉3-14 パークハイム狛江1-103
(パークハイム狛江 1号棟テナント)
株式会社S-Line

アクセス:
小田急線 和泉多摩川駅から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
0120-898-634
受付時間:
月~土  10:00~20:00(電話受付9:30)
火のみ  13:00~20:00(電話受付12:30)
日・祝日 10:00~18:00(電話受付9:30)

※営業のご連絡はメールでお願いいたします。



定休日:
木曜定休
※臨時休業を頂くこともございます。
お手数ですが予めHPの「お知らせ」をご覧頂くか、お電話にてお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ