狛江市にある手技治療と鍼灸を組み合わせた治療院。むさし多摩川鍼灸院は、鍼治療に不安がある方でも安心して通えます。

むさし多摩川鍼灸院


五十肩(肩関節周囲炎)について

このような症状はありませんか?

  • 腕が挙がらない
  • 夜眠れないほど、肩が痛い
  • 突然、肩が激しく痛む
  • 腕の外側が痛む

上記の症状がある方は五十肩(肩関節周囲炎)の可能性があります
50代で最も多くみられ症状の為、「五十肩」という俗称で呼ばれることが多いですが正確には肩関節周囲炎といい30代から70代くらいまで幅広い年代でおこります。

五十肩はなぜ起こるか?

肩の関節は股関節のようにしっかりと包み込まれた構造ではない為、非常に不安定で約4~5キロの腕を筋肉や靭帯で支えて関節を安定させています。その為、股関節などと比べて自由度が高く人の身体の中では最も可動域の広い関節です。しかし広範囲を自由に動かせる分、脆弱性も隣り合わせで伴っています。

肩関節の構造について

骨正面2.png
肩関節(前面)
骨後ろ3.png
肩関節(後面)
股関節2.png
股関節※参考までに
靭帯2.png
肩関節の靭帯(前面)

棘上2.png
棘上筋(後面)
棘下2.png
棘下筋・小円筋(後面)
肩甲下筋2.png
肩甲下筋(前面)

三角筋2.png
三角筋(側面)

加齢や運動不足などに伴い、靭帯が硬くなる、筋肉が硬くなるといったことが起こり、それにより肩関節がそれまでのようにスムーズに動かなくなり、負担がかかるようになり肩関節を構成する関節包や滑液包に炎症がおこることで肩に痛みが生じます。更に炎症後、肩関節周辺の組織に癒着が起こるために肩関節の可動域が狭くなります。

五十肩は鍼灸で改善できる 

鍼施術.jpg
当院では関節の可動域を確認し僧帽筋・三角筋・棘上筋・棘下筋といった肩の関節を支え、動かす為の筋肉のうちどの筋肉が肩関節に負担をかけているかを確認しその筋肉の緊張をとっていきます(どの筋肉が負担をかけているかは個人差があります)。これらの筋肉の緊張をとることで次第に関節への負担が減り、関節への負担がへることで炎症が徐々にとれて痛みがやわらぎます。

五十肩が治っていく過程には3つのステージがあります。

  • 「疼痛期」痛みが強くて動かせない、痛くて眠れないなどの症状。炎症が強い時期です。
  • 「拘縮期」痛みは徐々に治まっていくと同時に肩を動かせる範囲が狭くなる。炎症が徐々にとれていきますが、その後で循環障害が起こり関節包が硬くなってしまう。また、痛みがある間筋肉を使っていないため、筋肉が硬くなってしまっている時期です。
  • 「回復期」痛みはほとんどなく可動域も広がっていきます。
「疼痛期」では、痛みを取り除くことを優先します。できるだけ肩はうごかさず、肩に負担の少ない生活をして頂きます。その後の「拘縮期」では可動域を広げる為の治療をしつつご自宅で可動域を広げる運動もして頂きます。最後の「回復期」はほとんど痛みもなくなるので積極的に運動をしても大丈夫な時期です。運動の仕方も当院でお伝えしております。

五十肩は、どれだけ早く治療したかによって治った後の肩を動かせる範囲が変わってきます。痛みのある期間が長いほど、肩を動かさない期間が長くなってしまうので、治った後の肩を動かせる範囲も狭くなってしまいます。

五十肩でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。





むさし多摩川鍼灸院のご案内

住      所:
〒201-0014 東京都狛江市東和泉3-14 パークハイム狛江1-103
(パークハイム狛江 1号棟テナント)
株式会社S-Line

アクセス:
小田急線 和泉多摩川駅から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
0120-898-634
受付時間:
月~土  10:00~20:00(電話受付9:30)
火のみ  13:00~20:00(電話受付12:30)
日・祝日 10:00~18:00(電話受付9:30)

※営業のご連絡はメールでお願いいたします。



定休日:
木曜定休
※臨時休業を頂くこともございます。
お手数ですが予めHPの「お知らせ」をご覧頂くか、お電話にてお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ