狛江市にある手技治療と鍼灸を組み合わせた治療院。むさし多摩川鍼灸院は、鍼治療に不安がある方でも安心して通えます。

むさし多摩川鍼灸院


五十肩

五十肩とは俗称で、正確には肩関節周囲炎といいます。
五十肩の主な症状は
  • 腕の外側の痛み(赤丸部分)上腕 症状別.gif
  • 背中を掻いたり、後頭部を触る動作で痛みが強くなる。
  • 夜も痛みが続いて眠れない。
といったものがあります。
50代で最も多くみられる症状の為「五十肩」という俗称がありますが
実際は30代から70代までみられる症状です。

五十肩は
上腕二頭筋という力こぶをつくる筋肉が腱(スジ)になっている部分や
2上腕二頭筋 症状別.jpg
棘上筋という筋肉が骨についている部分
棘上筋 症状別2.jpg
の炎症が徐々に広がって滑液包や関節包という関節を包んでいる袋にまで
炎症が広がってしまって発症することが多いです。
肩関節包 症状別.jpg

そして五十肩には3つのステージがあります。
  1. 「疼痛期」痛みが強くて動かせない、痛くて眠れないなどの症状。炎症が強い時期です。この時期は肩を極力動かさず安静に!
  2. 「拘縮期」痛みは徐々に治まっていくと同時に肩を動かせる範囲が狭くなる。炎症が徐々にとれていきますが、その後で循環障害が起こり関節包が硬くなってしまう。また、痛みがある間筋肉を使っていないため、筋肉が硬くなってしまっている時期です。少しずつ肩を動かして行きましょう!
  3. 「回復期」痛みはほとんどなく、どんどん積極的に肩を動かしていきましょう!
患者様が五十肩のどのステージかによって、治療内容や日常生活での注意点は変わってきます。
当院では、問診や検査で患者様が現在、五十肩のどの段階なのかを確認してから治療を開始します。
  1. 「疼痛期」は肩関節の炎症を抑えていく治療。
  2. 「拘縮期」は肩関節周囲の血液循環を良くする治療。同時にご家庭で行って頂く運動もお伝えします。
  3. 「回復期」痛みで肩が動かせなかった為に使わなかった筋肉や痛みでかばっていた為に負担がかかって硬くなってしまった周囲の筋肉の柔軟性を取り戻す治療。
ステージに合わせて3段階の治療になります。

五十肩は、どれだけ早く治療したかによって治った後の肩を動かせる範囲が変わってきます。痛みのある期間が長いほど、肩を動かさない期間が長くなってしまうので、治った後の肩を動かせる範囲も狭くなってしまいます。

とにかく自己診断でシップを沢山貼ってしまったり、動かしてはいけない時期にどんどん動かしてしまっては悪化してしまいますからお気を付下さいね。また、五十肩で・・・とおっしゃって来院され、実際に問診や検査をしてみると肩こりや使い過ぎによる肩関節周囲の筋肉の過緊張であったりといこともよくあります。
五十肩と似た症状のものとしては
  • 肩こり
  • 石灰沈着性の腱板炎
  • 腱板炎
  • 上腕二頭筋長頭腱炎
  • 腱板断裂
  • 腋窩神経炎
  • 頚椎症
  • リウマチ
  • 胸郭出口症候群
  • 珍しいものとして、化膿性の肩関炎など
があります。

肩の痛みといってもこれだけのものがありますから問診や検査をしっかり行い、正しい対処(病院での検査の勧めも含めて)をしなければいつまでたっても治りません。
肩の痛みでお悩みの方は是非当院までお問い合わせ下さい。皆様が痛みから解放され、快適に笑顔で生活できるように精一杯治療致します。

「はりやお灸がはじめての方でも安心!!」のむさし多摩川鍼灸院

むさし多摩川鍼灸院のご案内

住      所:
〒201-0014 東京都狛江市東和泉3-14 パークハイム狛江1-103
(パークハイム狛江 1号棟テナント)
株式会社S-Line

アクセス:
小田急線 和泉多摩川駅から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
0120-898-634
受付時間:
月~土  10:00~20:00(電話受付9:30)
火のみ  13:00~20:00(電話受付12:30)
日・祝日 10:00~18:00(電話受付9:30)

※営業のご連絡はメールでお願いいたします。



定休日:
木曜定休
※臨時休業を頂くこともございます。
お手数ですが予めHPの「お知らせ」をご覧頂くか、お電話にてお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ


むさし多摩川鍼灸院の口コミをもっと見る

ページ上部へ