狛江市にある手技治療と鍼灸を組み合わせた治療院。むさし多摩川鍼灸院は、鍼治療に不安がある方でも安心して通えます。

むさし多摩川鍼灸院


坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、腰や仙骨からでた神経が束になって足までいっている「坐骨神経」に炎症がおこることで発症します。症状は
  • 痺れ
  • 痛み
  • 重だるい
  • 重苦しい
  • ほてり
  • 蟻走感(虫がはう感じ)などです。
症状が出る場所は
  • 臀部
  • ももの裏
  • ふくらはぎ
  • 足の甲
  • 足の裏
  • 足の指先と様々です。


坐骨神経とは?
坐骨神経は腰椎の下の方から出ている神経(第4・第5腰神経)と仙骨から出ている神経(第1~3,(4)仙骨神経)が束になって足まで走っている神経です。zakotu-02.gif  坐骨神経5.png


この神経が
腰椎椎間板ヘルニア(椎間板が飛び出る)や臀部の梨状筋に圧迫されるなどで炎症をおこし、発症します。
ヘルニア1.gif   梨状筋1.jpg
また、坐骨神経を構成する第4・第5腰神経、第1~3仙骨神経の内、どの神経が炎症をおこしているかで痺れや痛みのでる場所は変わります。問診や検査でどの神経に炎症を起こしているかを見極めた上で治療をしていきます。
坐骨神経痛は、鍼灸治療で神経の炎症を取り除くことで改善の見込める疾患ですが、発症してから時間が経つと神経自体が変性をおこし治りづらくなったり、良くなったとしても完全に症状が取り切れないこともありますので、早めの治療をお勧め致します。

また、脚の痛みといってもそれが坐骨神経痛でない場合もあります。
その痛みが
  • 股関節・膝関節・足関節の炎症やそれによる放散痛
  • 臀部・もも・ふくらはぎの筋肉に緊張による痛み
  • 脊柱管狭窄症
  • 糖尿病性の神経痛
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 脊椎や馬尾神経の腫瘍
による可能性もある為、問診や検査をして脚の痛みが何によるものかを確認致します。
中には糖尿病性の神経痛、閉塞性動脈硬化症、脊椎や馬尾神経の腫瘍など鍼灸が不適応の疾患である可能性もあります。
症状として急に尿や便の出が悪くなった、脚の麻痺があるといった場合は病院で受診して頂くようにしております。

脚の痺れや痛みでお悩みの方はご相談下さい。

「はりやお灸が初めての方でも安心」のむさし多摩川鍼灸院
















むさし多摩川鍼灸院のご案内

住      所:
〒201-0014 東京都狛江市東和泉3-14 パークハイム狛江1-103
(パークハイム狛江 1号棟テナント)
株式会社S-Line

アクセス:
小田急線 和泉多摩川駅から徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
0120-898-634
受付時間:
月~土  10:00~20:00(電話受付9:30)
火のみ  13:00~20:00(電話受付12:30)
日・祝日 10:00~18:00(電話受付9:30)

※営業のご連絡はメールでお願いいたします。



定休日:
木曜定休
※臨時休業を頂くこともございます。
お手数ですが予めHPの「お知らせ」をご覧頂くか、お電話にてお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ


むさし多摩川鍼灸院の口コミをもっと見る

ページ上部へ